カードローン 審査ナビゲーション|ローンの比較




目的別一覧
目的別一覧
人気一覧
→カードローン比較一覧表





→Cookieに関するポリシー
  申し込み方法について
  審査時間と融資時間について
カードローンに申し込んだときに気になるのが【審査時間】【融資時間】です。

【審査時間】とは、申込み後に融資・借入の合否を決めるまでの間を言い、
【融資時間】は審査が通った後の融資・借入を行えるまでの時間を言います。


【審査時間】で言えば、どこも即日で行ってくれますが、なかでも
三井住友銀行カードローン】、オリックス銀行カードローン審査時間の速さに定評があります。
また【新生銀行カードローンレイク】は銀行系カードローンとして利用できるようになり、総量規制対象外、平日14時までにお手続きが完了すれば、最短即日&即日融資という対応で好評を得てきています。

審査・融資時間のどちらも早いほうがいいと言う方は【アコムなどの消費者金融を活用しましょう。
ただし、消費者金融は総量規制対象となっていますから、借入額を確認してしてから申し込むことをおすすめします。
  銀行・消費者金融系のメリットデメリット
ここで、銀行系と消費者金融系のメリットとデメリットを確認してみましょう。

【銀行系】
初めての利用で30日間無利息の特典がある【新生銀行カードローンレイク】や、
低金利が魅力的の【オリックス銀行カードローンと銀行系は金利の低さが特徴です。
なかでも【三井住友銀行カードローン】は即日融資が可能で、スピーディー。そのほかの銀行系カードローンのなかでも融資スピードは群を抜きます。

【消費者金融系】
やや高金利なものの、【プロミス】、【アコム】のように即日融資も可能が対応しているのが特徴です。
すぐ借りて、早めに返済する分には金利もかさまず便利に活用できます。
ただ、総量規制内なので借入のある方は総借入額を確認してみましょう。 
  必要書類について
カードローンを利用する場合、本人確認として以下の書類が必要となります。
●運転免許証、健康保険証、パスポート、国民年金手帳、母子健康手帳、
身体障害者手帳、外国人登録証明、住民基本台帳カードなど氏名、
住居、生年月日の記載のあるもの。

カードローン規定でよく見かける「収入が分かるもの」は、
大口融資額など各銀行により一定以上の希望融資額を受けた場合に限り必要となります。

●収入がわかるものとは、源泉徴収票、もしくは給料明細、通帳振込記録をいいます。

楽天銀行スーパーローン】は100万円以下の融資の場合、収入証明の書類が必要ありません。
  あなたが借りれるカードローンの選び方
まずは必要な融資額といつまでに必要かを考えてみると良いでしょう。

主婦、アルバイトなど収入が不安定な方は、
銀行系カードローンのなかでも柔軟性を持った【三井住友銀行カードローン】を候補に置いておきましょう。
オリックス銀行カードローンはご希望限度額300万円以下の場合は所得証明不要(原則)です。

とにかく早急に融資を受けたい! が銀行系でなんとか借入をしたいという方
三井住友銀行カードローン】を候補に。
申込み後、カード受け取りをテレビ窓口、振込融資を選ぶことで、スピーディーに借入を行えます。

大きな融資額を希望している方は【オリックス銀行カードローンや【楽天銀行スーパーローンを。
銀行系のなかでも大口融資額でATMも多く使いやすいです。

そして、銀行系カードローン審査に落ちてしまった方
アコム】などの消費者金融系を考えてみしょう。
やや高金利といっても、クレジットカードのキャッシングよりは金利が低いことが多いので
ここを上手に活用してみましょう。
銀行系カードローン一覧 低金利カードローン一覧 消費者金融系カードローン一覧
おまとめローン一覧 即日融資カードローン一覧 短期無利息カードローン一覧